文学処女 第6話

文学処女 第6話

24分GHD/220円~
鹿子(森川葵)に告白する望月(中尾暢樹)。しかし、加賀屋(城田優)に鹿子を連れ去られてしまう。まっすぐに気持ちを伝える鹿子に、加賀屋も正直に自分の気持ちを告げる。二人は、共に夜を過ごすために加賀屋邸へと向かった。一方、三島(河原雅彦)に呼び出された光稀(泉里香)。そこで語られる加賀屋の過去とは--?
出演:森川葵、城田優、中尾暢樹、上遠野太洸、古賀哉子、田辺桃子、綱啓永、池上紗理依、泉里香、河原雅彦
監督:スミス 原作:中野まや花
(C)「文学処女」 製作委員会・MBS
2025年8月31日 まで配信
レンタル期間:7日(168時間)でレンタル期間が終了します。
00:00
00:00
[null]は [null]にキャストしています。