岡田英次

岡田英次

役者・俳優
誕生日:1920年6月13日出身地:千葉県銚子市
星座:ふたご座
1949年、映画『花の素顔』でデビュー。50年に『また逢う日まで』で人気を獲得。代表作は、『真空地帯』、『ここに泉あり』『砂の女』など。また、59年にフランスのアラン・レネ監督の映画『二十四時間の情事』に出演し、世界的にも知られるようになる。さらに、TVドラマでも『白い巨塔』(78年)などに出演。95年、心不全のため死去。享年75。
00:00
00:00
[null]は [null]にキャストしています。